ノルレボ錠の作用機序

愛し合っている男女が性交渉をすれば、妊娠をする可能性があります。そのような営みの中で、快楽のために性交渉をしているのであれば、妊娠をしないように気をつける必要があるのです。避妊の方法にはいろいろありますが、日本で一般的なのがコンドームの使用です。しかし、コンドームをはじめとした避妊方法では100%妊娠を避けることができるとはいえないこともあり、妊娠をしてしまったかもしれないというときには緊急に予防策をとらなければならないのです。
そこで、おすすめなのが、緊急避妊薬であるアフターピルの服用です。産婦人科などでも副作用が少なく、妊娠率が低いものとして、ノルレボというピルが出されることが多いのです。ノルレボは中用量のホルモン剤であり、72時間以内に服用することで、排卵や受精を抑制したり、できてしまった受精卵を子宮内膜に着床しないように働きます。つまり、妊娠を防ぐことができるのです。
その作用機序とは、排卵が起こる前に、黄体形成ホルモンが大量に分泌されます。これをLHサージというのですが、ここでプロゲステロン(黄体ホルモン)であるノルレボの成分を服用すると、LHサージが抑えられるため、排卵が起こらなったりするわけなのです。排卵を起こらないので、受精も行われないのです。
このように、ノルレボ錠を服用することで、緊急的に妊娠を回避することができるのです。産婦人科で処方をしてもらうと、1万5千円から2万5千円程度と若干高めですが、妊娠をして困るよりはいいでしょう。法的にも認められている海外からの個人輸入ではかなり安く、しかも医師の受診も不要で入手できるので、とても便利なのです。ただし、持病のある人は医師に相談するといいでしょう。

↓辛い生理痛は避妊薬で改善
ピルは病院ではなく通販でも購入できます