ノルレボとビタミン剤の併用の危険性について

ノルレボはモーニングアフターピル、いわゆる緊急避妊薬です。通常、妊娠を望まない性交渉の際には、避妊具をパートナーにつけてもらう、あるいは自分がつける、また女性であればあらかじめピルを飲んでおくと言った手段をとることが望ましいです。しかし性交渉の最中に避妊具に不具合が生じてしまったと言った、突然のアクシデントが発生する可能性もあります。そう言った際の、望まないタイミングでの妊娠を防ぐのが緊急避妊薬です。その効果は非常に強力なものがあり、性交渉後24時間以内のノルレボ服用で95%、72時間以内の服用でも75%の確率で避妊効果があるとされています。ノルレボは婦人科などで処方されることによって入手することができます。ノルレボに限らず、ピルは女性ホルモンに働きかける作用を持っています。女性ホルモンは、女性の身体的、精神的健康を司っている存在のひとつであると言っても過言ではありません。そのため、その服用に関しては細心の注意が求められます。また副作用の危険性に関しても、その可能性は低いものの、絶対的に否定できるものではないとされています。一般的には頭痛や吐き気、だるさ、また不正出血などが起こる場合もあるとされています。ただし、その出現の有無、またその程度や期間に関しては個人差があります。またノルレボとビタミン剤の併用はとても危険だとされています。ビタミン剤の中でも特にビタミンCを多く含んでいるものは、ノルレボと併用することによって、血栓症などの発生危険度が高くなることが明らかになっています。ですから、ノルレボを使用した際にはビタミン剤などを利用するのは避けるのが賢明ですし、もしそれでも利用しなければならないと言う場合は、その中に含まれているビタミンCの量に配慮する必要があります。