ノルレボと生理周期と年齢について

ノルレボとは、緊急避妊薬のことです。ノルレボの服用は、性行為のあとの24時間のうちに飲むようにします。そうするとこで、ノルレボの薬が作用して、確率的には95%以上が妊娠の回避になります。

女性の毎月やってくる生理には、生理周期があります。この周期というのは、年齢によっても変化が出てくるものです。最初に出血があった日から、次回の生理が開始するまでのあいだを数えたものが、生理周期になります。平均的な周期は、28日間になります。人によって多少の差はありますから、これよりも短いこともあれば、もう少し長くなることもあります。それでもその周期で、毎月生理が来ているのであれば、それは安定していることになります。

生理周期の変化は、年齢別に見ていくと、若い10代の時が、最も長くなります。平均的な28日間から、48日間の愛だという長めなものです。これが年齢を重ねていくたびに、生理の周期はだんだんと短くなります。生理の周期が安定する年齢としては、25歳から35歳くらいになります。感覚としては、21日間から35日間暗いです。最も生理周期が短くなって、安定しやすいのは、40歳から42歳くらいになります。

そこあとになると、8年間から10年間くらいは、今度は長くなっていきます。しかし不安定さを感じるような期間を通過するようにもなって、最終のステージへと進みます。閉経は、50歳前後あたりとなります。毎月やってくるセイルは、面倒にも思えますし、憂鬱になったりもします。しかし、女性のカラダにとっては、とても必要なサイクルです。やがて終わる時が来ますが、それまではできるだけ順調にサイクルがめぐるようにしたいものです。